静岡市立芹沢銈介美術館 売店 公式サイト

「紅型で型染めを体験しよう」ワークショップ開催のお知らせ(5/22)




開催概要

芹沢銈介美術館所蔵の「紅型裂貼交屏風(びんがたきれはりまぜびょうぶ)」の一部分である
紅型模様をモチーフにした型紙を使い、型染(かたぞめ)を体験頂けます。
糊置きした布地を準備しますので、染色作業に専念してお楽しみ頂けます。

工程

① 染色工程について型染めの方法について簡単にご説明させて頂きます
② 色差し(1回目)染料を数種類調合頂き、布に色を差します
③ 色差し(2回目)重ねて塗ることで色のバランスを整えます
④ ベレンス塗布藍色の発色を鮮やかにするベレンスを塗布します。
⑤ 隈取り隈取り筆を使って色の上から濃い色のぼかしを入れ、
絵柄に表情をつけます。
⑥ ミョウバン液をひく色を定着させるミョウバン液を塗布します。
⑦ 糊の落とし方について1週間ほど色をからして頂き、糊を水で十分ふやかしてから模様をこすらない様ふり洗いすると糊が落とせます。
(こちらはお持ち帰り頂いた後のご自宅作業となります)


型染ワークショップ開催概要

日程2016年5月22日(日)
午前の回:9:00 − 12:00
場所静岡市立登呂博物館 1F交流ホール(芹沢美術館と同敷地内)
募集人数 10名様
作業時間150分
制作型染生地(綿:約39cm×45cm)
道具など持ち込み不要です。
顔料・呉汁・絵皿・筆・隈取り筆等、すべてこちらで準備致します。
汚れてもいい服装でお越しください。
参加費4,300円(税込)※ 材料費込み

参加お申し込み

ワークショップへの参加をご希望される方は、下記応募フォームよりお申込み頂くか、
売店店頭にて専用の申込用紙を準備しておりますのでお電話またはご来店にてご記入ください。

参加お申し込み
お名前  
お電話  
メールアドレス  
参加区分   午前の部(9:00-12:00)
備考  

スパム防止のため、下記画像に表示される英数字をご入力ください。
captcha


静岡市立芹沢銈介美術館 売店
OPEN:9:00-16:30 定休日:月曜日(他、美術館休館日に準じる)
TEL:054-282-6803(本件に関するお問い合わせはこちらまで)

<主催・共催>

主催:芹沢銈介美術館売店 共催:静岡市立芹沢銈介美術館