静岡市立芹沢銈介美術館 売店 公式サイト

topお知らせ

静岡新聞で“静岡が誇る「たからばこ」”が紹介されました


2014年6月1日 静岡新聞にて静岡市立芹沢銈介美術館 100回記念展 静岡が誇る「たからばこ」が紹介されました。


静岡新聞 2014年6月1日
開館時展示を再現 芹沢美術館100回記念展 駿河区
 静岡市立芹沢けい介美術館(駿河区)の100回目の展覧会が31日、始まった。8月31日まで。「静岡が誇る『たからばこ』」と題して芹沢作品や収集品200点を選び、開館時に芹沢自身が手掛けた展示も再現した。
 線対称の模様が特徴的な「鯛泳ぐ文着物」(1964年)など100点、世界各国で芹沢が集めた布や陶器100点で構成した。
 芹沢は「展示室自体が一つの作品」と色彩や雰囲気にこだわったという。1981年の開館当時の展示を再現したコーナーには、帯や着物など、印象の異なるさまざまな模様の染色作品が重なるように並んでいる。
 開館当時の写真や過去の展覧会のポスターなども紹介している。


静岡新聞で“静岡が誇る「たからばこ」”が紹介されました