静岡市立芹沢銈介美術館 売店 公式サイト

topお知らせ

手のひらの上の宇宙 芹沢銈介の絵本と世界の書籍 開催中!


染色家・芹沢銈介が好んだ仕事に「絵本」があります。
合羽摺、型染などの技法で制作した絵本は生涯に50冊以上に及びます。

1936年の小型の絵本「和染絵語」に始まり、不朽の名作『絵本どんきほうて』(1937)、
師・柳宗悦をして「傑作」といわしめた『極楽から来た挿絵集』(1961)、
深い味わいを示す最晩年の『妙好人因幡の源左』(1980)に至るまで、
本の仕事には作家・芹沢銈介のこだわりとアイデアが凝縮されています。

この展覧会では、芹沢銈介が生涯にわたって制作した絵本30冊を一堂にごらんいただきます。
また展示後半では、芹沢銈介があつめた世界各国の珍しく楽しい本、100冊をご紹介しています。


2012年6月2日(土)~9月2日(日)
場所:静岡市立芹沢銈介美術館
休館日:毎週月曜日(7/16を除く)、7/17


手のひらの上の宇宙 芹沢銈介の絵本と世界の書籍 開催中! 手のひらの上の宇宙 芹沢銈介の絵本と世界の書籍 開催中! 手のひらの上の宇宙 芹沢銈介の絵本と世界の書籍 開催中!